お客様の声。日本政策金融公庫の追加融資と借り換えをサポートして成功させた事例を紹介

資金調達サポートセンター

 

融資サポート 日本政策金融公庫と信用保証協会 

(全国対応) ◆まずは無料電話相談から

テキストサイズ 小 |中 |大 |


日本政策金融公庫、信用保証協会の融資サポートには自信があります!(追加融資も)

岩崎税理士事務所
神戸市役所すぐ西隣
078-392-8277
平日9:00~17:30
まずは今すぐお電話を!

お客様の声。日本政策金融公庫の追加融資と借り換えをサポートして成功

お客様のお喜びの声

    電気工事業のM代表/個人事業(年商:1500万円)

    保証協会に出す書類のことでちょっとしたことでわからないことがあったのですが、提出期限が明日に迫っており、今更誰に聞くことも出来ない状態で、インターネットで探しまくって岩崎さんのホームページにたどりつきました。
    ちょっと勇気は要りましたが、電話したら、すぐに回答いただいて、5分で疑問が解決しました。
     
    それから8ヵ月後に今度は金融公庫に融資書類を書かないといけない場面があって、またわからないことだらけでした。
    あつかましいと思いながらも再度電話したら、今度は、わたしの理解が遅いせいで20分くらい相手していただいて懇切丁寧に教えていただき、これまた疑問が解決しました。
    どちらも無料で答えていただき、たいへんありがたかったです。
    今はまだ顧問税理士さんをつけるほどの規模ではないのですが、売上が伸びてきたら、岩崎事務所さんにお願いしようと思っています。


    管工事業のT社長 株式会社(年商:2000万円)

    「資金繰りが苦しいので何とかしてほしい」と知り合いを介してご相談しました。
    決算書の見方もろくにわからない私に、銀行(信用金庫)まで同行していただいて、信金から言われた書類の作成をしてもらいました。
    書類の中身はいまだにわかってませんが、返済が半年間もストップ出来たのですごいと思いました。
    半年後には絶対無理だと思っていた融資も2箇所から受けることが出来ました。
    これまたすごかったです。一人だと絶対無理でした。
    ありがとうございました。

    日用品卸業のTA社長/株式会社(年商:5000万円)

    既存の事業が先細りすることが目に見えるようにわかっていましたので、起死回生の新規事業を行うことを決意しました。
    しかし、当時メインバンクだった地方銀行に相談すると「信用保証協会付きでないと・・・」と逃げ腰だったのですが、どう考えても信用保証協会の枠はいっぱいのはずで「これは気休めに言ってるのだな」とわかりました。
     
    そこで岩崎事務所のすすめで3年後までの経営計画書をこと細かく作成した上で、その銀行に融資申請資料を提出しました。
    すると、その銀行の担当者から「これだけの中期的展望があるなら、信用保証協会を通すのではなく、うちから直接のプロパー融資を検討したい」との申し出がありました。
    その態度の変わりように驚きましたが、1ヶ月もしないうちに融資がおりました。
    ありがとうございました。


    菓子製造業のKR社長/神戸市東灘区 株式会社(年商:1億2000万円)

    この半年ずっと単月で赤字で、しかも2ヶ月前に融資を受けたばかりでした。
    ここに来てまた資金ショートが起こり、再度、赤字補填のための資金がどうしても必要になりました。
    しかし、メインバンクはおろか、こっきん(日本政策金融公庫)や信用保証協会に行っても相手にしてもらえるはずもなく、どうしたらいいかわからず途方にくれておりました。
    気を紛らわせるためにインターネットをいろいろ検索したら、たまたま岩崎さんのホームページにたどり着きました。
     
    最初に見た瞬間から強烈に惹きつけられるものがあり、ホームページを隅から隅までむさぼるように読んでしまいました。
    はじめてのことなので勇気が要りましたが、電話をしたら、岩崎さんところの資金調達専門のスタッフの方が出られ、わずか5分のやりとりで、具体的なお話はできなかったですが「ここに行けばなんとかなる」と確信しました。
     
    すぐにアポイントをとって翌日訪問しました。
    30分くらい現状の恥ずかしい経営内容の話をさせていただいた結果、言ってくださったのが、
    「通常は融資を受けてから2ヶ月しかたってなくて、しかも前回資金使途を運転資金として借りた場合、追加融資はかなり難易度が高いです。しかし、御社の場合、前回借りる際に資金使途としてそういうことを信用保証協会の担当者におっしゃって、そして今回こういう内容の事情で融資を受けたい、ということであれば、可能性はありますね。どうやって返済するのか、のシナリオを書類にきっちり書き込めば融資を受けれる確率はもっともっと上がってきますよ。」
    と言ってくださいました。
     
    わらにもすがる思いでしたし、資金調達は遅くとも1ヶ月で何とかしないといけなかったので考えている余裕はありません。
    その場で融資書類作成を中心とするサポートをお願いしました。
     
    それからが本当にたいへんでした。
    とにかく時間との勝負だったので、書類は岩崎さんところに丸投げではなく私も部分的に書くことにして、とにかくスピードを重視して役割分担を決められました。
    岩崎税理士事務所の方々には超特急で仕上げていただいたのですが、面接での対応のしかたまでこと細かく教えていただき、何を聞いても的確な回答がすぐに返ってくるので不安はまったくと言っていいほどありませんでした。
     
    結果、希望額満額というわけにはいきませんでしたが、これだけあれば半年はしのげる、という額の融資を信用金庫から受けることが出来ました。
    本当にありがとうございました。

     

    建設業のIW社長/ 株式会社(年商:2億円)

    売上としてはまずまず上がり続けているものの、工事完成後に回収すべき請け負い金額の全額が回収が出来ない、という現象が時折あり、日々の資金繰りを悪くさせていることがありました。
    だましだまし資金を回してきたような状況であったのですが、ある時、大口のお客様が倒産してしまい、2ヵ月後までに資金を調達出来なければうちの会社が終わってしまうかも、という事態になってしまいました。
     
    今融資を受けている銀行や日本政策金融公庫や信用保証協会(兵庫県)などに何をどう言えばいいのか、「回収できないから資金を貸してほしい」なんて言ってもうまくいくわけはないことくらいはわかっていましたので、仕事そっちのけで知人友人から情報を集めました。
    人によって言うことが違い過ぎてどれを信じていいかわからない状態になり、精神的に疲れきっていた時に、たまたま知り合いの友人から「融資に強い税理士事務所がある」と紹介していただいたのが岩崎税理士事務所でした。
     
    顧問の税理士先生は当然既にいて、普段の経理処理に関する指導や税務署への対応は満足していたのですが、融資に関する情報はあまり持っておられず、ご相談しても的確な返答がない状態でしたので、岩崎事務所さんに融資のことだけをご相談してスポットでの融資サポートをご依頼しました。
     
    銀行、日本政策金融公庫、信用保証協会、どれを優先順位にして、どういう書類を作成して、どう交渉していったらいいのか、具体的で的確なアドバイスと作業をしていただき、無事借り入れ希望額満額を受けることが出来ました。
    経営危機を乗り越えることが出来て本当に感謝しています。

     

    小売業のKR代表/個人事業(年商:3000万円)

    取引先を数社持ち、設立時より業績は順調に推移してきました。
    でも、大口取引先が急に経営的に苦しくなり、注文を大幅に減少されたことで、ここ数ヶ月、自分の給与すらとれない状況になってしまいました。
    金融機関から今以上の追加融資が期待できないことはわかっていたのですが、このままでは来月以降の銀行返済は難しく、どうしたらいいか困っておりました。
     
    ひょんなことから岩崎事務所さんの存在を知り相談しました。
    月々の返済の減額交渉をまずしないと、ということを言われ、金融機関交渉のための資料として、これだけの書類があればスムーズにいきます、ということを言われました。
    提示された書類フォームにわたしなりに埋めて、2回ほど事務所におじゃまして指導を受けました。
    今後の事業計画、利益計画、資金繰り表、債務返済計画をからめた経営改善計画書を作成する指導までしていただき、最後にはほとんど自力ですべての資料を作成することが出来るまでになりました。
    結局1年間の返済減額(信用金庫・地方銀行・信用保証協会・日本政策金融公庫のすべて)の話がまとまり、たいへん感謝しております。
     
     

    IT会社のYE社長/株式会社(年商:4000万円)

     
    いつもお世話になっています。
    わたしはIT会社の経営をやり始めて7年になります。
    業種柄、不動産などの担保がほとんど無く、資金的にピンチな時はその時契約していた税理士さんにいろいろ指南してもらっていましたが一般論過ぎてなかなか納得いくご提案がいただけず、また、金融機関出身のコンサルタントの方にも依頼したことがありますが、今度は高額な割に満足いく結果が得られませんでした。
     
    結局、資金繰りについては、自分で失敗しながら金融機関(信用金庫)に交渉しないとしかたない、と腹を決め、それなりの経験値も出来ましたが、常に資金繰りに関する不安な状況は変わりませんでした。
     
    しかし、昔から懇意にさせていただいてた知り合いの社長からの紹介で岩崎税理士事務所さんを知ってから、わたしが持っていた銀行融資に関する常識が次々とぶちこわされてしまいました。
    金融機関出身のコンサルタント以上に具体的な裏事情と交渉法を知っておられ、いろいろお話していると「あの時もっとこういうやり方をしておけば、融資がうまくいったに違いない」と思うようなことが多々出てきたのです。
     
    特に日本政策金融公庫と信用保証協会のことについては、わたしが過去契約させていただいてた税理士先生では知識が乏しくどこの本にも書いているような一般論でしか指南を受けたことがないのでそこが一番のネックでしたが、岩崎さんのスタッフは具体的な新しい情報を常に収集されているのがお話していてはっきりわかるのでたいへん心強いです。
     
    とにかく、岩崎税理士事務所さんとお付き合いしている限り、資金繰りに対しての心配は今後も無いと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
     
     

    産業用機械卸業のHS社長/株式会社(年商:6000万円)

     
    岩崎事務所さんには、最初はスポットの融資支援だけを依頼しましたが、結果が良かったので、その後すぐに税務契約もお願いしました。
    経理・会計や税金の話はもちろん、経営に不可欠な資金管理のアドバイスをことあるごとにいただいているので助かっています。
    特に設立以来、ひとつの銀行(地方銀行)のみの取引でしたが、岩崎事務所さんに過去3年分の決算状況とひとつの銀行のみで行っていた銀行取引状況について、複数銀行(信用金庫)との取引をすべく1年というスパンで計画的に組んでいただいた結果、潤沢な借り入枠を確保できたと同時に、既存の借入の金利引下げまでつなげていただきました。
    それまでは複数銀行と取引をすることへの不安があったのですが、既存の銀行に対しても複数取引が安心材料につながる場合もあることがわかった時には、「自分ひとりの思い込みは怖いなぁ」と心底思ったことをおぼえています。
    今後ともよろしくお願いします。
     

    電気工事業のM代表/個人事業(年商:1500万円)

    保証協会に出す書類のことでちょっとしたことでわからないことがあったのですが、提出期限が明日に迫っており、今更誰に聞くことも出来ない状態で、インターネットで探しまくって岩崎さんのホームページにたどりつきました。
    ちょっと勇気は要りましたが、電話したら、すぐに回答いただいて、5分で疑問が解決しました。
     
    それから8ヵ月後に今度は金融公庫に融資書類を書かないといけない場面があって、またわからないことだらけでした。
    あつかましいと思いながらも再度電話したら、今度は、わたしの理解が遅いせいで20分くらい相手していただいて懇切丁寧に教えていただき、これまた疑問が解決しました。
    どちらも無料で答えていただき、たいへんありがたかったです。
    今はまだ顧問税理士さんをつけるほどの規模ではないのですが、売上が伸びてきたら、岩崎事務所さんにお願いしようと思っています。


    管工事業のT社長 株式会社(年商:2000万円)

    「資金繰りが苦しいので何とかしてほしい」と知り合いを介してご相談しました。
    決算書の見方もろくにわからない私に、銀行(信用金庫)まで同行していただいて、信金から言われた書類の作成をしてもらいました。
    書類の中身はいまだにわかってませんが、返済が半年間もストップ出来たのですごいと思いました。
    半年後には絶対無理だと思っていた融資も2箇所から受けることが出来ました。
    これまたすごかったです。一人だと絶対無理でした。
    ありがとうございました。

    日用品卸業のTA社長/株式会社(年商:5000万円)

    既存の事業が先細りすることが目に見えるようにわかっていましたので、起死回生の新規事業を行うことを決意しました。
    しかし、当時メインバンクだった地方銀行に相談すると「信用保証協会付きでないと・・・」と逃げ腰だったのですが、どう考えても信用保証協会の枠はいっぱいのはずで「これは気休めに言ってるのだな」とわかりました。
     
    そこで岩崎事務所のすすめで3年後までの経営計画書をこと細かく作成した上で、その銀行に融資申請資料を提出しました。
    すると、その銀行の担当者から「これだけの中期的展望があるなら、信用保証協会を通すのではなく、うちから直接のプロパー融資を検討したい」との申し出がありました。
    その態度の変わりように驚きましたが、1ヶ月もしないうちに融資がおりました。
    ありがとうございました。


    菓子製造業のKR社長/神戸市東灘区 株式会社(年商:1億2000万円)

    この半年ずっと単月で赤字で、しかも2ヶ月前に融資を受けたばかりでした。
    ここに来てまた資金ショートが起こり、再度、赤字補填のための資金がどうしても必要になりました。
    しかし、メインバンクはおろか、こっきん(日本政策金融公庫)や信用保証協会に行っても相手にしてもらえるはずもなく、どうしたらいいかわからず途方にくれておりました。
    気を紛らわせるためにインターネットをいろいろ検索したら、たまたま岩崎さんのホームページにたどり着きました。
     
    最初に見た瞬間から強烈に惹きつけられるものがあり、ホームページを隅から隅までむさぼるように読んでしまいました。
    はじめてのことなので勇気が要りましたが、電話をしたら、岩崎さんところの資金調達専門のスタッフの方が出られ、わずか5分のやりとりで、具体的なお話はできなかったですが「ここに行けばなんとかなる」と確信しました。
     
    すぐにアポイントをとって翌日訪問しました。
    30分くらい現状の恥ずかしい経営内容の話をさせていただいた結果、言ってくださったのが、
    「通常は融資を受けてから2ヶ月しかたってなくて、しかも前回資金使途を運転資金として借りた場合、追加融資はかなり難易度が高いです。しかし、御社の場合、前回借りる際に資金使途としてそういうことを信用保証協会の担当者におっしゃって、そして今回こういう内容の事情で融資を受けたい、ということであれば、可能性はありますね。どうやって返済するのか、のシナリオを書類にきっちり書き込めば融資を受けれる確率はもっともっと上がってきますよ。」
    と言ってくださいました。
     
    わらにもすがる思いでしたし、資金調達は遅くとも1ヶ月で何とかしないといけなかったので考えている余裕はありません。
    その場で融資書類作成を中心とするサポートをお願いしました。
     
    それからが本当にたいへんでした。
    とにかく時間との勝負だったので、書類は岩崎さんところに丸投げではなく私も部分的に書くことにして、とにかくスピードを重視して役割分担を決められました。
    岩崎税理士事務所の方々には超特急で仕上げていただいたのですが、面接での対応のしかたまでこと細かく教えていただき、何を聞いても的確な回答がすぐに返ってくるので不安はまったくと言っていいほどありませんでした。
     
    結果、希望額満額というわけにはいきませんでしたが、これだけあれば半年はしのげる、という額の融資を信用金庫から受けることが出来ました。
    本当にありがとうございました。

     

    建設業のIW社長/ 株式会社(年商:2億円)

    売上としてはまずまず上がり続けているものの、工事完成後に回収すべき請け負い金額の全額が回収が出来ない、という現象が時折あり、日々の資金繰りを悪くさせていることがありました。
    だましだまし資金を回してきたような状況であったのですが、ある時、大口のお客様が倒産してしまい、2ヵ月後までに資金を調達出来なければうちの会社が終わってしまうかも、という事態になってしまいました。
     
    今融資を受けている銀行や日本政策金融公庫や信用保証協会(兵庫県)などに何をどう言えばいいのか、「回収できないから資金を貸してほしい」なんて言ってもうまくいくわけはないことくらいはわかっていましたので、仕事そっちのけで知人友人から情報を集めました。
    人によって言うことが違い過ぎてどれを信じていいかわからない状態になり、精神的に疲れきっていた時に、たまたま知り合いの友人から「融資に強い税理士事務所がある」と紹介していただいたのが岩崎税理士事務所でした。
     
    顧問の税理士先生は当然既にいて、普段の経理処理に関する指導や税務署への対応は満足していたのですが、融資に関する情報はあまり持っておられず、ご相談しても的確な返答がない状態でしたので、岩崎事務所さんに融資のことだけをご相談してスポットでの融資サポートをご依頼しました。
     
    銀行、日本政策金融公庫、信用保証協会、どれを優先順位にして、どういう書類を作成して、どう交渉していったらいいのか、具体的で的確なアドバイスと作業をしていただき、無事借り入れ希望額満額を受けることが出来ました。
    経営危機を乗り越えることが出来て本当に感謝しています。

     

    小売業のKR代表/個人事業(年商:3000万円)

    取引先を数社持ち、設立時より業績は順調に推移してきました。
    でも、大口取引先が急に経営的に苦しくなり、注文を大幅に減少されたことで、ここ数ヶ月、自分の給与すらとれない状況になってしまいました。
    金融機関から今以上の追加融資が期待できないことはわかっていたのですが、このままでは来月以降の銀行返済は難しく、どうしたらいいか困っておりました。
     
    ひょんなことから岩崎事務所さんの存在を知り相談しました。
    月々の返済の減額交渉をまずしないと、ということを言われ、金融機関交渉のための資料として、これだけの書類があればスムーズにいきます、ということを言われました。
    提示された書類フォームにわたしなりに埋めて、2回ほど事務所におじゃまして指導を受けました。
    今後の事業計画、利益計画、資金繰り表、債務返済計画をからめた経営改善計画書を作成する指導までしていただき、最後にはほとんど自力ですべての資料を作成することが出来るまでになりました。
    結局1年間の返済減額(信用金庫・地方銀行・信用保証協会・日本政策金融公庫のすべて)の話がまとまり、たいへん感謝しております。
     
     

    IT会社のYE社長/株式会社(年商:4000万円)

     
    いつもお世話になっています。
    わたしはIT会社の経営をやり始めて7年になります。
    業種柄、不動産などの担保がほとんど無く、資金的にピンチな時はその時契約していた税理士さんにいろいろ指南してもらっていましたが一般論過ぎてなかなか納得いくご提案がいただけず、また、金融機関出身のコンサルタントの方にも依頼したことがありますが、今度は高額な割に満足いく結果が得られませんでした。
     
    結局、資金繰りについては、自分で失敗しながら金融機関(信用金庫)に交渉しないとしかたない、と腹を決め、それなりの経験値も出来ましたが、常に資金繰りに関する不安な状況は変わりませんでした。
     
    しかし、昔から懇意にさせていただいてた知り合いの社長からの紹介で岩崎税理士事務所さんを知ってから、わたしが持っていた銀行融資に関する常識が次々とぶちこわされてしまいました。
    金融機関出身のコンサルタント以上に具体的な裏事情と交渉法を知っておられ、いろいろお話していると「あの時もっとこういうやり方をしておけば、融資がうまくいったに違いない」と思うようなことが多々出てきたのです。
     
    特に日本政策金融公庫と信用保証協会のことについては、わたしが過去契約させていただいてた税理士先生では知識が乏しくどこの本にも書いているような一般論でしか指南を受けたことがないのでそこが一番のネックでしたが、岩崎さんのスタッフは具体的な新しい情報を常に収集されているのがお話していてはっきりわかるのでたいへん心強いです。
     
    とにかく、岩崎税理士事務所さんとお付き合いしている限り、資金繰りに対しての心配は今後も無いと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします。
     
     

    産業用機械卸業のHS社長/株式会社(年商:6000万円)

     
    岩崎事務所さんには、最初はスポットの融資支援だけを依頼しましたが、結果が良かったので、その後すぐに税務契約もお願いしました。
    経理・会計や税金の話はもちろん、経営に不可欠な資金管理のアドバイスをことあるごとにいただいているので助かっています。
    特に設立以来、ひとつの銀行(地方銀行)のみの取引でしたが、岩崎事務所さんに過去3年分の決算状況とひとつの銀行のみで行っていた銀行取引状況について、複数銀行(信用金庫)との取引をすべく1年というスパンで計画的に組んでいただいた結果、潤沢な借り入枠を確保できたと同時に、既存の借入の金利引下げまでつなげていただきました。
    それまでは複数銀行と取引をすることへの不安があったのですが、既存の銀行に対しても複数取引が安心材料につながる場合もあることがわかった時には、「自分ひとりの思い込みは怖いなぁ」と心底思ったことをおぼえています。
    今後ともよろしくお願いします。

    (最下段からお問合せください)